topics

HOME > トピックス&ニュース > 共同通信社シンポジウムに理事長の土居好江がパネリストとして参加

遊悠舎京すずめニュース

共同通信社シンポジウムに理事長の土居好江がパネリストとして参加

7月10日、共同通信社本社 (東京 汐留)にて、第4回シンポジウムが開催されました。

地宝人ネットの全国のメンバー70名が集まり、活動報告やパネル討論が開催されました。

内閣官房審議官、総務省地域力創造審議官、財務省主計局の方々と遊悠舎京すずめ理事長の土居好江等7名とパネル討論を行い、地域活性化について話合いました。

会場からは京都の伝統産業を守る活動にエールを送る全国の友の声もあがり、京都の存在の大きさを痛感しました。

ご苦労されている職人さんに恩返しの活動を今後も進めていきたいと思います。

kyodo0716.jpg